チタン製のビーター

この間、生徒さんより
「電子ドラムにフェルト製のビーター使うのはよくないみたいですよ!」
という情報を聞いたのもあり、先日上の写真ビーターを取り替えました。

ちょっと珍しいビーターかもしれませんが、これが素晴らしくいい仕事をしてくれるんです。

このビーターは大阪の町工場、北野製作所というところが作っております。大手メーカーのPearlとかTAMAではありません。

そして、一番の特徴は棒の部分(シャフト)がチタン製だということ。

従来の鉄製のものに比べてチタンの重量は半分。
そして強度は倍、そしてシャフトにしなりがある
ということです。

信じられないかもしれませんが、できないフレーズも、ビーター一つ変えるだけでできたりしてしまいます。
購入当時、バスドラムに苦手意識がありましたが、吹っ飛びました。

電子ドラムでは半分くらいしかこのビーターのよさを生かすことができませんが、それでも値段の価値のあるすごいビーターで私は大好きです。

「弘法筆を択ばず」

という言葉があります。
確かにその通りだとは思いますが、きっと弘法大師であってもいい筆の方がいいに決まっています(笑)

ビーターを変えて変わるのはバスドラムの音色だけではありません。
バスドラムの音色がいいということは、バスドラムを踏むことが気持ちよくなります

ドラムの中で大切な楽器のバスドラム一打一打が気持ちいいと感じることができると、それだけでテンションが上がりますのでドラム演奏のグルーヴがよくなります。

他にもスプリングの強さだったり、メンテナンスの必要性(油切れして踏むたびにキーキー鳴っていませんか?)だったりと大切なことはたくさんあります。

スポーツでもそうかもしれませんが、演奏も自分の体調や気分がとても大切なのです。

どこか一つでも悪いと、「あれ?」という気持ちが生じて、プロでも少なからず演奏に響いてしまうものです。

たかがビーター、されどビーターです。

初心者、上級者に関わらず、周辺の楽器を見直してみることも上達の秘訣です!

 

しかしこのビーター、品質もいいんですが、お値段もいいのです…。
通常ビーター単品だと、1,000円から高くても4,000円くらいなのですが、こちらは約10,000円します。

少し勇気がいる価格ですが、お値段以上の価値はありますよ!

最後に。
知らなかったんですが…。
この記事を書くためにkitano社のHP見ていたら、「オールチタンビーター」なるものの存在を知りました。

北野製作所HPより

金額は、19,000円。。。

衝撃価格です。。

結構いいキックペダル本体が買えちゃう金額ですよね。

あぁ〜〜!!試してみたい!!

北野製作所のリンク貼っておきます。

日本版トップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました